投資初心者の方へ

月収に少しでもプラスの収入があれば良いのに…と思って投資に興味のある方も思います。いざやってみようにもどんな種類があるか、初心者向きの投資はどれなのかわからない方が殆どだと思います。こちらでは初心者向けの投資について紹介をします。

投資に参加するときには、必ず忘れてはならない知識があります。それは、投資はリスクヘッジやそれに伴う初期費用を前提に考えていくことです。
初期費用が少ないと利益を出すことはできませんし、リスクヘッジができないと損失を回避することはできません。
リスクヘッジと初期費用の知識は初心者にとって特に大切な要素です。
どれだけ優秀な投資家であったとしても、初期費用のみで永遠に利益を出し続けることは現実的にできません。
優秀な投資家は、将来やってくるリスクに備えて、必ずそのリスクを分散させるための知識を有しています。
これは、世界中に存在するあらゆる投資に関して共通して言える知識です。
投資では、リスクを考えずに目先のリターンのみを追及して初期費用を投入すると失敗してしまうケースが非常に多いです。
重要なのは、リスクを減らして先を見据えた初期費用を投資する知識が必要だということを忘れないことです。

初心者が投資をやるなら基礎知識と種類は抑えておこう

株の勉強をする女性

初心者が投資をやるなら、投資のリスクを減らすためにも投資の基礎知識と種類を抑えておき、初期費用に不安がない投資を選択することが大切です。
一般的に、初心者が参加しやすい投資としては投資信託、不動産投資、FX、債権、そして株取引などがあります。初期費用が少ないのは、株やFXです。

投資信託について

投資信託は、投資を信託することを意味しますので、投資信託をした後は資金を持っている本人は何もしません。
資金を持っている人同士が、プロの投資家に投資を任せてそこから生じた利益を分配してもらうことで成り立っています。
投資信託は、多くの資産家からお金を集めてプロが運用するため、全くの初心者が投資を行うことと比較しても知識の必要性やリスクはかなり低いと言えます。
ただ、初期費用は本人が多く準備する必要があります。

不動産投資について

不動産投資では、不動産に関連する取引は資格や知識を有した人、許可を得た会社しか行うことができないように決められています。
これも、取引におけるトラブルのリスクを回避するための処置です。
不動産投資で失敗しないようにするためには、業務を代行してくれる業者を探すことです。初期費用は不動産投資の内容によって異なります。

債権を用いて行なう投資について

投資信託も不動産投資も、初期費用はかかるもののFXなどと比較すると初心者にとっては取り組みやすい投資に間違いありません。
これは、投資家自身が知識を得たり取引をしたりする必要性があまりないからです。
投資信託も不動産投資も、代わりに投資を行ってくれる会社を見つければ後は知識が無くてもそこに任せることができるので、投資家自身が難しく考える必要はありません。
初心者でまだ何もわからないときは、とても参加しやすい投資だと判断できます。
一方で、日経平均などの相場を見る株取引やFXでは投資家が知識を得て取引を行わなくてはならない割合が大きくなります。
FXや株取引の投資判断は本人の自由ですし、それによって生じる失敗やリスクも本人が背負わなくてはいけません。
特に、FXではレバレッジの倍率が大きいので、失敗をするとそれだけ負担が投資家に圧し掛かります。
ただ、初期費用が小さい人であっても参加できるメリットがあります。
これは初期費用をレバレッジで大きくすることを前提に考えているからです。
債権で儲けるためには、大きな初期費用と知識が必要です。これは、債権の仕組みが金融機関が提供するサービスと一緒だからです。
初期費用や知識がないと金利によって得ることが可能な利益の計算ができません。
そのため、債権を利用するときには初期費用をなるべく大きくして、債権の元本の金利計算ができるように知識を身に着けておくことが大切です。
投資信託や不動産投資に関しては、投資信託や不動産投資を相談する会社とよく話し合いをしておけば初心者であってもそれほど迷うことはありません。
一方で、株取引やFXは投資家自身の自由度が大きくなるかわりに、本人が得なくてはならない知識や負担しなくてはならない失敗の割合が大きくなります。
初期費用が大きい場合には、投資信託や不動産投資、初期費用が小さい場合には株取引やFXで投資をするという選択もあります。

初心者が投資をやる上での注意点について

注意を促す男性

初心者が投資を行う上で注意すべき点は、投資をきちんと長期的な出資として捉える知識を有しておくことです。
目先の利益だけを求める方法は失敗のもとになりますし、実際に初心者は特にこれをやってしまう失敗例が多いです。
不動産投資や投資信託は、名前の由来通り投資としてサービスを提供しています。
そもそも、投資というのは将来的に成長する可能性がある会社やサービスに対してお金を出資することを意味しますので、短い期間での利益はこのケースだと考慮しません。
例えば、1週間後に利益を得ることができる取引があったとしても、1か月後の利益を優先する、これが投資の根本的な考え方です。
不動産投資や投資信託、そして債権は例外なくこの考えによって成り立っています。
特に、不動産投資や投資信託は将来的な相場を読み取って投資をしなくてはいけません。
相場は常に変動していますので、初心者がそれを気にしてしまうと相場の上げ下げによって一喜一憂してしまい、失敗に繋がります。
不動産投資では不動産の相場が将来的に上がればそれで良く、投資信託に関しては投資信託で利用されているサービスの相場が将来的に上がればそれで良いと考えます。
債権は金利を参考にするので、最初に決めた金利が安定していれば構いません。
ですから、初心者の人が投資信託や不動産投資を特定の会社に任せた場合には、最初のうちは相場は見ないという知識を持っておくことです。
そうすれば、投資信託不動産投資、債権で短期的な失敗をすることは無くなります。

株やFXの注意点

一方で、株取引やFXに関しては、初心者が株やFXでどのようなスタイルで取引をするのかを考える必要があります。
例えば、日経平均に関する知識や分析は、スタイルを確立させるために必要になります。
これは、株取引やFXには短い期間での取引を重視する投機の考え方が存在するからです。
投機では、初期費用が小さくても取引ができますので初心者が利用してしまう失敗例も多くなります。
株取引やFXには投機的な手法で取引をする人たちのために、レバレッジというサービスが提供されています。
これは、投資信託や不動産投資、債権には存在しないサービスです。
レバレッジは、保有している初期費用の数倍から数十倍の初期費用で株取引やFXができるようになるシステムであり、これを利用すると短い期間で大きな利益を出すことが可能になります。
しかし、初期費用を大きくできる一方で当然リスクも非常に大きくなるため初心者がこうした手法を実行するとマイナスが大きくなってしまい、取り返しのつかない失敗になりかねません。
こうした手法は一般的にデイトレードと呼ばれる手法で頻繁に利用されています。
初期費用が小さい場合は、FXのように利益を大きくするためレバレッジで初期費用を大きくし、利益を出しやすいようにすることが多いです。
投資と投機は考え方も取引手法も全く異なっていて、リスクヘッジや失敗の対策も全然違います。
株取引やFXを初心者が行うときには、投資を任せることができる投資信託や不動産投資と異なって相談できる相手がいません。
稼げるデイトレの銘柄を知ることもできませんし、FXでレバレッジを利かせたことによる多大な損失が出る場合もあり、失敗に繋がる安易な行動は避けるべきです。

投資する前に事前にその企業の実績・成績などを調査

投資をする前には、まず投資の相談相手の企業の実績、そして実際に投資をする相手の業績などをきちんと確認しておくことが大切です。
特に、投資信託や不動産投資、債権の管理では任せる相手を間違ってしまうと、そのままそれがリスクや失敗に繋がる可能性があるので注意が必要です。
ただ、投資信託や不動産投資に関しては、初心者であっても相談相手を探しやすいメリットはあります。
投資信託や不動産投資に関しては、実際に多くの投資家から相談を受けて実績をあげている会社が多くあるので、そうした会社に相談すれば失敗する可能性は低くなります。
投資信託に関しては、株や債権など様々なサービスで利益を上げる知識があるため、どの手法で利益を上げたのかも詳細に教えてもらえれば完璧です。
不動産投資に関しては、収益物件を希望するなら賃貸借の管理システムを構築させている実績がある業者が好ましいです。
売買のみを重視するのならば仲介業者として実績をあげている会社を探せば良いだけなので知識のない初心者であってもそれほど苦労はしません。
不動産投資に関連する費用は売買契約の場合は成功報酬であることが一般的なので、成功したときの費用のみを計算してもらっておけば、それがリスクヘッジや失敗の回避に繋がります。
知識を必要としない投資信託や不動産投資と異なって、日経平均を参考にする株取引やFXではもう少し知識を持って考える必要があります。
株の場合には気になった会社の実績や業績、日経平均を調べる必要があり、FXの場合は初心者が情報をなかなか掴むことが出来ない経済の情報が必要です。
実際に、株取引では日経平均株価が相場の基準となります。
日経平均を参考にしておけば、その日の取引の状況の目安を確認できるので、知識の疎い初心者でも失敗する可能性は低くなります。

FXは海外通貨の知識も必要

一方で、外貨の取引を主として行うFXでは、国内通貨である日本円の知識だけではなく海外の通貨の知識も仕入れておく必要があります。
しかも、FXで取引が可能な外貨は一つや二つではありませんので、取引を行いたい通貨に関しては全て自身で確認をしておかなくてはいけません。
実際に、FXでは、日経平均のような統一的な相場があるわけではなく、それぞれの通貨ペアで相場が準備されており、それぞれ確認しなくてはいけません。
FXで失敗をしないようにするためには、こうした相場だけではなく機械的なチャートという指標を参考にすることです。
不動産投資や投資信託が企業の実績を参考にできるのに対して、日経平均が必要な株やFXではそれができません。
日経平均は上場企業の統合的な株価の価値を示しているので、日経平均がわからないと全体の相場を読み取ることは難しくなります。
日経平均には、日経平均だけを指標にした分析手法すら存在します。
これはFXの相場の分析手法とかなり近いものです。
日経平均の場合は、長期的に情報を分析する必要があり、日経平均をいくつかに分割する必要性があります。
初心者が相場を理解するためには重要なことで、日経平均を用いた株取引はごく基本的な手法だということを知っておくことです。

投資初心者は投資のプロに相談する方法もある

投資にはリスクがつきものです。投資の始めの頃は投資のプロである投資顧問を利用して投資について勉強する方法があります。
投資初心者は投資顧問に相談

危険な投資は財産がなくなることも考えておくこと

経済的ダメージを受ける男性

危険な投資をすることによって、所有している財産全てが無くなるリスクは十分にあります。これは、初期費用が多くても少なくても関係ありません。
日経平均が下落傾向にあるのに買いで取引をすることはリスクが大きいだけですし、日経平均は株価全体の動向に響きますので、初心者は特定の銘柄だけを確認せず日経平均の動向を確認する癖をつけることが大切です。
日経平均のような相場がある取引では、初心者がテーマ株の様な銘柄を探すことはまず不可能でしょう。
相場を読み取る力がないと安定して利益を出すことが難しいです。
言い換えれば、日経平均などを確認して先行きが見えないケースでは、その投資は危険な投資と判断できます。
初心者は、理解していても実践に向かうとリスクヘッジの考え方を実行することができません。
例えば、単純な相場の動きのみを確認している場合、日経平均が下がると分かっていたとしても、そこで利益を確定させることを躊躇します。
一度失敗をしてマイナスを出してしまうと、これから相場が下がると分かっていたとしてもその状態で利益を確定させることができない状態になります。

投資におけるリスクヘッジの重要性

一方で、初心者ではなく、ある程度の取引経験者ならば日経平均などの相場はリスクヘッジの手段として利用するので失敗しません。
日経平均を利用すると、これからの相場の状況を把握することができるからです。
しかし、初心者は日経平均などの相場を見て全体の相場の予測ができないので、取引で失敗してしまう可能性が高くなります。
初心者が日経平均などを利用したリスクヘッジの手法を知らずに、失敗の確率が高い投資をするからです。
株の初心者だけではなく、FXや不動産投資でもこれはあり得ます。
FXには通貨の相場が、不動産には地価の相場が存在するためです。
完全にプロに任せる投資信託を例外として、個人でできるものには必ずこうしたリスクヘッジを本人が考えなくてはいけません。
また、債権もリスクや失敗の管理が必要です。
債権は株券と異なって相手に対してお金を貸すことを前提にしています。
債権は、本来は金融商品として提供されるサービスであるため、債権の元本によって得ることが可能な利息によって収益を獲得します。
一方で、株券は債権と違って相手にお金を貸すわけではなく、その会社の株主となって利益を得ることができるものです。これは、債権とは大きな違いであると言えます。
債権のリスクや失敗は、実際に過去バブル景気の崩壊によって現実になっています。
貸していた債権を回収することが出来なくなり、債権から得ることができた利益も0になりました。
こうした債権を一般的に不良債権と言いますが、不良債権になるとリスクだけが残り、債券そのものを回収できないので、投資としては不良債権は完全に失敗です。
不動産投資、債権、FX、株取引はそれぞれ性質が異なりますが、将来的な見通しが必要な点において全く同じです。
危険な投資を減らすためには、まずこの点を改善しなくてはいけません。 初心者が考えなくてはならないのは、長期で安定して利益を得る手段を一つ一つ確認していくことなので、それが結果的にリスクの軽減と失敗の回避に繋がります。