投資初心者の方へ

月収に少しでもプラスの収入があれば良いのに…と思って投資に興味のある方も思います。いざやってみようにもどんな種類があるか、初心者向きの投資はどれなのかわからない方が殆どだと思います。こちらでは初心者向けの投資について紹介をします。

外資投資のやり方とリスクについて

外資投資

外資投資とは日本円をドルやユーロなどの外貨に替えて、外貨預金や外国投資信託、外国債券や外国株式などで運用することです。
取引方法としては円安の時期に外貨に替えて外資投資をしておき、利益を円高の時期に円に戻す方法で、利益と共に為替差益も得られます。
日本の経済が悪化したとしても、好景気の国の外貨で購入しておけば、多少の為替手数料を差し引いても損失どころか高い収益を望めるため、分散投資の観点からも合理的な投資方法です。

外資投資は収益ばかりでなく当然リスクもあり、必ずしも為替差益が生まれるとは限らず為替差損が発生する場合もあり、円との交換時には為替手数料も発生します。
外貨に替えた先の国の政情や異常気象により貨幣価値の暴落が起こったりするなど、カントリーリスクと呼ばれる危険を覚悟しておかなければなりません。
それでも長く低金利から抜け出せないままの日本人投資家にとって、金利の高い国の外貨に替えて資産運用する外資投資は、国内投資よりも収益を見込める取引方法のため魅力的です。

外資投資を始めるにはネット証券が便利で、ネット証券なら外資投資での収益も特定口座で取引すれば、国内株式や投資信託と損益通算が同じ口座で可能になり、万が一損失が発生しても確定申告で有利になります。
ネット証券に口座を持っていれば日本円を外貨に替えて外貨で外国の株やETFを購入でき、外資投資で購入できる外国株には、米国株や中国株、アセアン株や海外ETFがあり、利益も外貨で受け取れるため手数料や為替リスクの回避が可能です。
外貨投資の取引方法は通常の取引の決済時に外貨で決済すると考えれば良く、難しいことはありません。
米国株はニューヨーク証券取引所やナスダック市場などに上場する株やETF、中国株は香港証券取引所や上海証券取引所に上場している株やETF、アセアン株はシンガポールやタイ、マレーシアやインドネシアの各国市場に上場する株式やETFです。

外国人投資家たちの影響力の凄さ

外国人投資家は日本の投資家と違い、市場全体の動向を左右するほどの力を持っています。石油産出国では石油の価格が中東市場を動かし、人口の多い中国では中国株の行方を握るのは中国人投資家です。
米国株は資本主義が徹底されている国だけあり値動きは安定しており、一方で米国株以外に投資するアメリカ人投資家によって日本の株価が影響を受けたりします。
外国人投資家は通常は海外の証券口座を通じて日本の株を購入できるようになっていますが、ネット証券ではいち早く日本国内に住む外国人の証券口座の開設を許可しており、外国人にとっては外資投資にあたる日本円で日本株を購入できるという仕組みです。
国内の手数料が低く簡単に購入できる日本株ばかりを相手に投資をしていると外国人投資家の存在を忘れがちですが、影響力の強い外国人投資家の動きを知ることは、日本人が外資投資でリスクを避けるために重要であり国内外の外国人投資家の資産の流れに敏感になっておかなければなりません。

外国証券の注文動向で簡単に外国人の取引方法を参考にすることができるので、ネット証券のメールサービスなどを利用して把握しておくと便利です。
外国人投資家に交じって外資投資を成功させるには米国株や中国株が推奨されています。米国株はアメリカの政情ニュースなどが日本でも入手しやすくカントリーリスクに対応しやすいからで、中国株は現在数社のネット証券で購入できるだけで一般的ではありませんが、国の経済発展とともに成長が見込めるからです。
中国株の取引方法はユーロやアセアン株と違い香港ドルでの取引のため、ドルと日本円の交換時の手数料や為替差益の計算が日本人にとって馴染みがあるとい利点もあります。