投資初心者の方へ

月収に少しでもプラスの収入があれば良いのに…と思って投資に興味のある方も思います。いざやってみようにもどんな種類があるか、初心者向きの投資はどれなのかわからない方が殆どだと思います。こちらでは初心者向けの投資について紹介をします。

投資家たちが儲かる理由

投資家たちが儲かる理由は何かと言いますと、簡単に言ってしまえば、資本主義の世界においては、お金を持っている人達が得をするような構造がそもそも社会システムの中に構築されているからだと言えます。
そして、このような投資家といった人達は、昔はほんの一握りの人達でしかなかったわけですが、今では一般の人々でも投資家になれるような時代となってきているのです。
もちろん、投資家として成功者になるためには、予めそれなりのお金を所有している必要があります。ですから、普通の人であれば、若い頃には賃金労働者として働いて、毎年お金を貯めていく必要があると言えるでしょう。

そして、ある程度お金が貯まってきたら、そのお金を元手にして投資家となることができるわけです。ただ、誰でも株式相場に手を出せば、成功者になれるというわけではありません。
それところか、株式相場に手を出して、大損をしてしまうという可能性もあります。それでは、株式相場のような危険な投資法をとるのはやめて、銀行預金のような安全な投資法にすればよいのかと言いますと、それでは超低金利の今のご時世でほとんど利益をあげることはできませんので、成功者になることはできないと言えるでしょう。

つまり、成功者となるためには、しっかりとした投資哲学をもって、様々な種類の投資法をバランスよく採用した資金管理術が必要となってくるわけなのです。
また、投資をするにあたっては、安全性ということを頭に入れなければなりませんし、キャピタルゲインとインカムゲインのバランスも考えておかなければなりません。
つまり、成功者となるためには、色々な投資法の知識が必要となってきますし、株式相場や債券相場・外国為替の知識などを習得しておく必要があるということです。
そして、ある程度の資金を保有するようになってきたら、全体としてどのような資金のポートフォリオにするかという資金管理術も必要になってきます。

富裕層が儲かる仕組みとなっているかもしれない

では、世の中というものは、どうしてお金をたくさん持っている富裕層が儲かる仕組みとなっているのでしょうか。そのためには、世界一の投資家とも言われているウォーレン・バフェット氏の投資哲学が参考になるかもしれません。
すなわち、彼の投資哲学は、第一原則が「損をしないこと」、第二原則が「第一の原則を徹底すること」というものです。つまり、富裕層の資金管理術というものは、それだけ安全性を重視した投資哲学となっているのです。
具体的には、まずインカムゲインを狙った種類の投資法に、安全性を重視した投資哲学がうかがわれます。

すなわち、どの金融資産に投資をすればたくさんのインカムゲインを得られるのかという知識を、富裕層の人達は配当利回りや分配金の利回りの比較というかたちで活用しているわけです。
また、キャピタルゲインを最大化するためには、彼等は割安となっているバリュー株の種類が何なのかという知識を持っていますし、その株が割高となった時にタイミング良く売却できるだけの知識も所有していると言えます。
つまり、安く買って、高く売れるから、キャピタルゲインを得ることができますし、それが安全な資金管理術ともなっているわけなのです。
また、彼等の資金管理ポートフォリオの種類は、キャピタルゲインだけを追求したものにはなっていませんし、インカムゲインだけを追求してものにもなっていません。
つまり、高いインカムゲインを得ることのできる利回りの高い種類の金融資産を保有しているので、毎年安定した配当金や分配金を得ることができるようになっていますし、割安な時にそれらの金融資産を購入しているので、景気が良くなってきた時には、売却益でキャピタルゲインを稼げるようになっているのです。