投資初心者の方へ

月収に少しでもプラスの収入があれば良いのに…と思って投資に興味のある方も思います。いざやってみようにもどんな種類があるか、初心者向きの投資はどれなのかわからない方が殆どだと思います。こちらでは初心者向けの投資について紹介をします。

株式ミニ投資のやり方と特徴

株式ミニ投資とは、通常100株から1000株以上など単元株に応じてまとめて購入しなければいけない株を、最低1株から購入できるのが特徴の株式取引です。
証券会社が単位未満株の購入者達の口数を本来の単元株の口数になるまでまとめ、証券会社名義で市場と株式取引する仕組みで、売買は購入者と証券会社の間でなされます。
単元株で決められた口数を気にせず個人が支払える額内で購入できるため、初心者に人気の高まっている買い方です。
1株しか購入しなかったとしても配当金は支払われ、株式分割があった場合にも新たに発行される新株を得ることができます。少しずつ買い足して単元株数まで貯まれば正式な株主となり、議決権株主優待などの権利も同等です。

株式ミニ投資は株式取引できる証券会社がと銘柄が限られていますが、ほとんどの銘柄が株式ミニ投資に対応しています。
株式投資における主なメリットの配当金と株式分割、株売買の権利はあるため通常の単元株数での株式取引と特徴を比べてもなんら劣りません。

主婦投資家に好まれる株主優待においては、単元株未満の株主にも何らかの優待制度がある株式会社もあり、隠れ優待銘柄と呼ばれています。
投資信託では100円から債券を買えるようになり、初心者の投資のハードルは昔に比べて随分下がりました。株式ミニ投資は配当や株式分割などの仕組みや株の売買を少額から学べるという特徴があり、初心者や主婦投資家が参入しやすい投資方法です。
従来の株式取引は高所得者の運用か老後の資産形成という、ある程度収入や年齢の限られた人達のものでしたが、昨今では株主優待を目的とする主婦投資家など、新しい世帯が株式売買を始めるようになりました。
新規の参入者数の増加に伴い株価や配当額、株式分割にも変化が起こっています。証券会社も初心者向けに次々にハードルを下げており、株式ミニ投資は今後も若い世帯や主婦世帯に受け入れられていく買い方です。

1万円からでもできる魅力のあるミニ投資について

株式取引を始めるには数10万円単位のまとまった初期費用が必要ですが、株式ミニ投資なら数千円から株式取引が可能です。
株式ミニ投資には、購入者が好きな時に好きな口数だけ購入する買い方と、毎月同じ株を一定額ずつ購入していく株式累積投資という買い方があります。
株式累積投資は1銘柄につき1万円以上千円単位で毎月購入していく仕組みで積立て金額の上限は100万円です。株式分割や配当金も支払われ、数年後単位株に達した時点で、証券会社名義から購入者の名義に書き換えられます。
株式累積投資は毎月同じ銘柄を口数ではなく一定額を定期的に購入する仕組みのため、ドルコスト平均法の特徴と同じ買い方になります。
株が高値の時は少なく購入し、株が低値の時は多く買い付けができるため平均買い付けコストを低く抑えることができるためです。継続的に購入することで時間の分散投資にもなり、長期的な視野で考えればリスク軽減が自動的に行われていることになります。

株式ミニ投資を始めるきっかけとしてレジャーランドの株主優待券目当てや、大型スーパーの買い物時の株主キャッシュバックなど日常的なメリットを理由にあげる購入者が増えています。
株式売買による収益にはこだわらず、配当金さえ株主優待のおまけ感覚に考えているのが特徴です。投資の仕組みにはあまり興味はないため一気に単元株数を買う初期費用は用意できない、しかし株主優待には魅力があるので毎月1万円から積み立てられる株式累積投資が需要が高まっています。株主優待の権利のうちレジャーランドの入園無料券が欲しい若い世帯や、スーパーのラウンジを利用してゆっくりくつろぎたい子連れ主婦層に株式累積投資や株主ミニ投資が人気です。